不動産投資を上手く活用して将来の安定を図る

投資する

集中投資のリスクを考えよう

中古ワンルームマンションで不動産投資を続けていると、どうしても一部のエリアに物件が集中してしまうという事態に陥ってしまいます。これは自分の知っているエリアに投資をしておけば目が行き届いて安心感があるからです。自分が管理することができるエリアで投資を展開していくことは悪い事ではありません。むしろ、大事なことです。しかし、数が多くなってくると、一部のエリアに集中していることがリスクにもなってきます。この状況を解消するためには、運用資産の一部を上場不動産投資信託にしておくと良いです。上場不動産投資信託ならば、情報の開示もしっかりとしており、しかも不動産投資のプロが運用をしているので安心して投資をすることができます。

エリア分散に活用してみよう

銘柄によって、一部の地域に集中的に投資をしているものもあれば、各地の主要都市に万遍なく投資をしているものもあります。自分が保有している収益物件と異なるエリアに集中投資をしている銘柄を保有すれば、全体としてバランスが取れますし、まだまだこれから不動産投資を拡大させようとしているのであれば、各主要都市で運用を行っている銘柄を保有するのも良いでしょう。過去にはある地域で震災が起きた際に、あるエリアの銘柄は急落し、一方、そのエリアから遠く離れたエリアで集中投資をしている銘柄が急騰するということもありました。震災はいつどこでおこるかわかりませんが、バランスよく保有していれば、震災が起きても、損失と利益を相殺し平準化することができます。

稼働率を考える

不動産投資を行なっても利用者がいないと稼働率は上がらないものです。そのため、利用してもらうためにも様々な工夫をする必要があるといえます。また、良い状態で売却することでお得といえるでしょう。

長期的に使用する

数多くある物件ですが、長期間利用することを前提にした場合、最近流行りのものがあります。それが注文住宅と呼ばれるものです。注文住宅を利用することで自分の好みの物件にすることができるメリットがあります。

賃貸物件を探す

賃貸物件を探す方法は不動産業者を利用することが一般的ですが、手軽に利用できる方法として、物件条件を指定してウェブサイトを利用するほうがいいでしょう。これにより、目的の物件をすぐに見ることが可能です。

マンションを借りる

賃貸マンションは全国に存在しますが、場所によって費用は異なってきます。また、アクセスに便利な場所は家賃が高くなってしまうため家計に負担のない程度で利用すると良いでしょう。

おしゃれな賃貸物件

注文住宅のように個性を出す物件として、デザイナーズマンションがあります。デザイナーズマンションは賃貸でも多く提供されているので、安くおしゃれに利用できるものといえます。